キュートな”乗客”による、ソーシャルディスタンスを促すためのキャンペーン

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、フィンランドの生活協同組合・HOK-Elantoと、同国のバス運行会社・Savonlinjaがタッグを組み実施したのが、とてもキュートな”乗客”によるソーシャルディスタンスを促すためのキャンペーンです。

バスの車内にいくつも置かれた大きなクマのぬいぐるみ。これらは乗客が隣同士に座ってしまうことを避けるために置かれたもの。バスに乗り込んだ人びとは、ふわふわ・モフモフの可愛い”乗客”に少し驚いたものの、「素敵なアイディアね!」とすぐに笑顔に変わります。

長引く状況にストレスを感じがちな今だからこそ、やさしい気持ちになれる啓発キャンペーン。なお、本キャンペーンで使われたぬいぐるみは、ていねいに消毒されたあと、ヘルシンキの小児病院の子どもたちへとプレゼントされるということで、引き続き人々にやさしさを届けてくれそうです。

ランキング

最近見た記事

最新記事

すべて見る