世界初!! 四次元農業革命・葉野菜を7日で生産「AIX四次元農法」を開発!! プレスリリース

アトラス株式会社(代表取締役会長 生野たかし)は、従来の植物工場(三次元農法)とは異なる新しい未来農園(四次元農法)を開発いたしました。

この四次元農法(精密農業)は、AIで精密に環境制御することで時間軸を制御でき、従来レタスの栽培に30日から35日要した時間を7日で生産する新技術です。生産性を高めることで1株に要した電気代や水道代を大幅に削減でき、生産坪数も小型化出来る為、設備投資コストが植物工場の約1/10になり製造原価を低減することに成功しました。

従来の植物工場の課題であるレタスの製造コスト約100円/100gに対して四次元農法は34円/100gで生産が可能となりました。

今後の展開、全国の農家様や新規事業取り組みの企業・食品メーカー様と共に、安全な葉物野菜各種の販売単価を既存流通の約1/2まで下げて野菜を販売し、お客様に喜んでいただけるよう社会貢献してまいります。

*注意 数値は既存植物工場と比較した場合の数値になっています。

検証ムービー

四次元農法の特長/レタスの場合
 1.生産性5倍~10倍 スピード調整可能
 2.設備投資コスト低減 32坪 3000万円より
 3.製造原価低減
   ・人件費70%削減
   ・電気89%削減
   ・水道95%削減
 4.安全・完全無農薬/完全閉鎖型
 5.自動環境制御

詳細はホームページへ www.mirai-nouen.com

検証栽培検証栽培

 

配信元: PR TIMES
企業プレスリリース詳細へ »

ランキング

最近見た記事

最新記事

すべて見る